松田龍平さん出演作

2008年1月20日 (日)

「あしたの、喜多善男」2日目 松田龍平出演

1日目があまりに濃厚で素晴らしすぎだったせいか、

2日目はやや薄味&失速に感じてしまいました。

(それだけ1日目がすごかったというか、だからこそ期待が大きいんです。)

といいつつも人間の強さや弱さが描かれているドラマで、見ごたえあります。

意外に強いのが死を覚悟した喜多さん。

「(みずほに会うまでは)今、死ぬわけにはいかない」ときっぱり。

(おおっ!)

平太の怪しい保険勧誘にもちゃんと応えるし。

(達観してる!)

裏を感じつつも信頼の証を精一杯表している喜多さんと、

だましている平太のあえて情を廃した表情の対比が興味深いです。

そして…

今回一番の名シーンはお母さんとの会話でした。

胸にじわじわきました。

喜多さんがお母さんの背中を抱くシーンでは落涙。

お二人の名演技が素晴らしかったです。

そのあとの急転直下看板落下は面白かった~。

(早くも美女を落下物から救った平太!)

3日目の展開に期待しています。

 

とりあえず2日目までにわかった

「あしたの、喜多善男」お約束ごとをメモしてみます。

 

①1日1回、死にそうな目に遭う。

 1日目 マンションのベランダから落ちそうになる。

      助けた人/平太&キャバ嬢

 2日目 看板の下敷きになりそうになる。

      助けた人/平太

②1日1回は、カレーを食べる。(2日目は2回食べてました。)

③1日1回、10万円支払う。

 1日目 宵町しのぶに会うために平太に10万円払う。

 2日目 みずほの居場所を調べるために平太に10万円払う。

④みずほと同じ回想をする。

 1日目 結婚式

 2日目 初夜

⑤宵町しのぶが訪ねてくる。喜多が足裏マッサージをする。

⑥ネガティブ善男が現れる。

⑦みずほがセラピーを受ける。

⑧「カラマーゾフの兄弟」の巻が進む。

⑨保険調査会社の二人のネタトークがある。

⑩宵町しのぶのマネージャがいろんなところでアルバイトをしている。

 1日目 ジャズクラブの黒服

 2日目 宵町しのぶのマネージャー

⑪電車の名シーン

 

後半はあやしいですが、とりあえず11個揃えてみました(笑)。

ほかにも思いついたら誰か教えてください。

 

今回の「時間をもてあました恋人」トークの中で

「ダイハード」ネタがありましたが、「一生懸命死ぬ」とか。

あれはもちろん喜多善男のことですよね。

「ハードに死ね」「死ぬなら思いっきり」とか以前、私も同じことを知り合いと話したことがありました。それでよけい笑えましたが。

確か「なかなか死なない」というのが正しい訳だったと思います。

つまり喜多さんは…。

………………………………

1/15(火)22:00~22:54

「あしたの、喜多善男 ~世界一不運な男の、奇跡の11日間~」 

#2 さよなら、母さん

| | コメント (41) | トラックバック (0)

2008年1月14日 (月)

「あしたの、喜多善男」1日目 松田龍平出演

名シーン連発で、次が気になるとても面白い作品でした。

録画を見るとさらに役者と製作陣の凄さを実感。

では、面白かったところを思いつくままに。

 

①喜多と平太 タクシーシーン

 平太が終始、喜多さんと違う方向を見ている演出がよかったです。

 こういうのって何かセオリーがあるのかもしれないけど。

 絵画のときの△配置みたいに。

 ただそれだけなのに美しい。

 そして喜多さんを嵌めたときに「パン」と腿をうつ平太がいい。

 キャバクラ階段シーンで、

 喜多さんの名前の由来を聞いて笑う平太がくったくなくて 

 この2シーンで平太の存在感が伝わってきました。

 

②神棚のあるキャバクラ事務所

 セリフがほとんどないリカの表情を

 こまめに入れている編集が何気に面白かった。

 瞳のクリクリした千明さんだけに目が物を言っているなーと感じたシーン。

 

③金髪男出現

 おっかけっこも面白かったが、何より電車の通るタイミングが面白すぎ。

 こうした細かい手の込んだ演出が「喜多善男」を面白くしているんだと感じられたシーン。

 

④中村屋のインドカリー

 カレーが来たときの喜多さんのリアクションといい、みずほを回想する喜多さんのうっとりモグモグなシーンといい、面白いシーンの連続。

 もちろん「○いな」のセリフは何度聴いても可笑しいし。

 みずほ役の小西さんもすごく良かったです。

 こんなにいい女優さんだったんですね。知らなかった。

 小西さんの表情とセリフ、見入ってしまいました。

 

⑤もと高級エステで

 実はここで喜多さんが語る身の上話はあまりに暗くて吐き気がしました。

 ハリウッド映画のくだりなど暗くてどんより過ぎ。

 平太の存在で何とかしのいだ感じ。

 

⑥ナイフ男

 暗いシーンのあとだけに、このドタバタ加減は相当愉快でした。

 逃げ回る喜多さんの動きが笑える。

 キャバ嬢のみなさん、大活躍だし。

 一方、平太は「探偵物語」の工藤ちゃんチックで、さらにひと味違うという…

 なんとも絶妙なさじ加減。

 

⑦美しいタクシーシーンからジャズクラブへ

 今回のハイライトはここでしょう。

 粋な一輪のバラ。

 「アローン・アゲイン」4ビートバージョンの進行に合わせて、

 絶妙に進行する物語。

 感服しました!

 吉高由里子さん、初めて見ましたが素晴らしかったです。

 もう魅入りました。いや見入りました。

 やがて携帯を置いて、サングラスを外して…。

 映像も凝ってて大好きなシーンです。

 

⑧二人の喜多善男

 ネガティブ善男出現シーンは小日向キャスティングの妙を存分に味わうことが出来ました。

 この葛藤あってこそのドラマという感じがしました。

 見ているこちらまでもが追い詰められるシーンですが、

 そこに天使が出現。

 この緩急がたまりません。

 彼女のギコギコした動きが最高ですね。

 宵町しのぶ万歳!

 

⑨松田龍平さんの矢代平太

 これまでにない役回りで、裏社会に通ずる活力にあふれた人という位置づけ。

 声のトーンも下げ目で、ドスをきかせていましたね。

 笑顔の多い役柄も初めて。

 オフでの龍平さんはくったくのない人柄で、笑顔も多い人みたいなので、

 (舞台挨拶時はまったく違う)

 むしろ素に近い龍平さんを堪能できるかもと思って楽しんでいます。

 

⑩音楽

 キャバクラ嬢と宵町しのぶの歌がはまりすぎ!

 小曽根真氏の音楽は最初、「う~ん」となりましたが、

 次第になじんできたというか、

 メロディーラインが印象的な曲よりこのくらいの控えめさがよいかもと思い始めました。

 かつて福岡ブルーノート閉店時に小曽根氏のライブを聴きに行きました。

 ギルバート・オサリバンの「アローン・アゲイン」は

 もともとジャズのスタンダードではないですが、きっと歌詞の内容から当てはめてきたのでしょうけど、非常に印象に残りました。良かったです!

 もちろん、小曽根真さんの演奏つきなのが良かった。

 山崎まさよしさんのエンディングテーマもいいです。

 松田龍平さんはなにかと山崎さんと縁がありますね。

 

⑪エンドロール

 エンドロールもすごいツボでした。

 平太に特にビビビときました。

 地図を見せて、ストップウォッチを押す平太は策士な感じがしていいですね。

 あの感じでストップウォッチを押したいですよ。

…………………………………………………………………………

1/8(火)22:10~23:14

「あしたの、喜多善男 ~世界一不運な男の、奇跡の11日間~」 

#1 臆病な奴が死ねるのかよ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月28日 (日)

「伝染歌」は怖くない?

夏向きホラーだと思って観た人は肩透かしをくらったのでは。

私が観にいったときも前知識なさそうなカップルが多くて、なんだか申し訳ない気分になりました。

なんだかんだみんな映画は自分なりにイメージを持って観にいってるものだから。

たとえば「エディットピアフ 愛の賛歌」はクライマックスでピアフが「愛の賛歌」を歌いそうじゃないですか…。

(実際は映画館でお確かめください)

 

「伝染歌」は、実際ふたを開けてみるとシュールな展開で、夢の中でトンネルを歩いている主人公が

「こんなお化けが出そうなとこを自分が歩いているわけがない」

と言ってみたり

旅館の廊下でざんばら髪の女学生…

血まみれの編集部員…

すわ幽霊!と思わせて、な~んだ。。。みたいな演出があるだけで

怖いシーンはほとんどありません。

これをこけおどしと取るか、ぷぷっと笑えるかで、この映画を楽しめるかどうかが違ってきそうです。

 

この映画の本当に怖いところは、日常にひそむ無気力や燃え尽き、ちょっとしたギスギス感が死につながっているところですかね。

これは「悪夢探偵」と非常に似通った設定。

もちろん主人公格の女の子が実の父親に包丁をもって追いかけられるなんて、ホラー以上のホラーだと思いますけど。

このへんはむしろ実感値がなく、あっさり描かれていて、大事なところだけに残念でした。

 

この女の子あんずはこうした暗い過去があり、気丈で人を寄せ付けない設定ですが、あまりにハマり過ぎていて、見ている人の感情移入すらも拒絶しているように思えました。

 

一方で朱里は可愛かったです。男の子のように振舞っていますが、陸に対する好意が健気(けなげ)。

 

龍平ファンとしては陸のミリタリーファッションなど見所は多かったです。

個人的に好きだったのは、殺人現場からあんずと朱里と屋上脱出シーン。

「どうでもいいけど、早くしてくれないかな」

のセリフと表情になぜか萌え。

こういう感じで龍平さんから叱られたいのかも(笑)。

あんずを追いかけて橋の上を駆け足でいくシーン、きれいな横顔とサラサラ髪も良かった。

さらに朱里が編集部を初めてたずねてきたとき

「そっか…」

と迎える陸。

そのセリフの意味はよくわからないけど、表情とともに妙にツボにはまりました。

 

AKB48のセリフが聞き取りにくいなど気になるところはありますが、

編集部のすごい男性陣と

「これから来るメンバーの一人がトンネルの中で狂う」

それが実はあんずではなくて…

というシュールな終焉に乾杯したいと思います。

 

…………………………………………………………

※「おさんと茂兵衛」

江戸時代の有名な心中事件らしい。

同じ題材で井原西鶴は浮世草子を近松は狂言を作ったとのことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 5日 (金)

「宮本武蔵伝 時代は変わる」延期へ

松田龍平さんの出演が噂されていた

「宮本武蔵伝 時代は変わる」豊田利晃監督作品が

昨日「製作中止」から「延期」へと訂正されました。

監督はもちろん出演者・スタッフのみなさまが

あきらめないという決意表明と思われます。

予定していたスポンサーが得られなかったなどの事情があったのでしょうか?

私自身、この作品には期待していたので、

気長に朗報を待ちたいと思います。

もちろん松田龍平さんにはぜひとも参画していただきたい!

 

なお「長州ファイブ」は文化庁支援を主軸に

ご当地映画らしく地元産業チームの大きな支援を得ていた模様。

もし資金面の問題なら個人投資家を募るっていうのは難しいんでしょうか。

以前映画ファンドで製作された「しのび」?だったかは

成功したのでしょうか。

プロデューサーさまの手腕に期待。

 

そして現実世界のホライズン(映画ファンド)やハイパー(スポンサー)は。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月26日 (水)

松田龍平さん「長州ファイブ」が素晴らしい

松田龍平さんの主演作。

l今年の2月に公開され、

4月ヒューストン国際映画祭で

約4500作品中のグランプリを獲得した作品。

まもなくDVDが発売になります。

これは松田龍平ファンならずともぜひ見てほしい作品です。

日本人として何かを感じることができると思います。

 

私はこの作品で大きく2つのことを感じました。

1つは見終わった後、モチベーションがあがったということ。

日本人って素晴らしいじゃないか!と

目が覚めるように鮮やかに思えたこと。

自分にも何か出来そうな気がしたこと。

映画館を出るとき軽く興奮していました。

2つめは、龍平さんが素晴らしかったこと。

これはもう神がかり的。

一生懸命にやりつづけていると、あるときふと天使が降りてくる瞬間があるとか。

神なのか天使なのかわかりませんが、

このときの松田龍平さんはこの世のものではないと思いました。

美しさもさることながら、演じ手として素晴らしすぎ。

監督さんが素晴らしかったというのも大きな要因でしょう。

名シーンにことかきませんが、

◆断髪シーン

奇跡の映像。その前の酒宴から素晴らしすぎる展開。

◆パブでの2つのシーン

もはやそこに松田龍平はなく、山尾庸三そのものがいた。

◆エミリーとの手話

ことに暴漢に襲われる前のシーンは、

言葉がなくてこんなに伝わるものがあるとは!

引き続く暴漢との対峙シーンも。そして月が。

◆エミリーとのダンスシーン&……

ここは演出あまりされていなかったのでしょうか。

俳優に任せられた??

あまりにリアルなときめきにこちらも息をのむ美しさ。

 

少ないエピソードにも関わらず

5人の結束を感じさせた船上生活。

異国の造船所。

厳寒の地での雪景色。

見所を語ると尽きませんが、

断髪以降、渡英してからの展開が圧巻。

そして、見事なプロポーションの龍平さんが惜しげもなく……のシーンは

やはり大きなスクリーンで見るべきでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月28日 (火)

松田龍平さん主演の「長州ファイブ」DVDが9月28日に発売されますね

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年7月31日 (火)

伝染歌8月18日初日舞台挨拶決定

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年5月20日 (日)

「THE焼肉ムービー プルコギ」

作品は気楽に見る作品ですね。

音楽が楽しくてよかったです。

シナリオ的に残念なのは、セリフで説明しちゃってるとこですかね。

たとえば、

「あら、知らなかった? じいちゃんも私もタツジのこと大好きよ」とか。

「ウケルな~、あいつ」とか

「もう泣いた」とか

ムッシュがトモロヲをシメて

「孫みたいに可愛いネ~」とか言ったりするくだりも。

言葉はいらないのでは?

最後、ヨリが妊娠している映像もちょっと。

あの二人どうなったかなーって想像させるほうがよかったのでは。

さて、肝心の松田龍平くんの見所は

可愛いところもよいですが、

その中で、ときおり見せるキレる演技がとっても良いですね。

1つ目、トラオが店に乗り込んできて、

店や客を貶める言葉に対して、

「あー?こら!(巻き舌)もういっぺん言うてみんか」(みたいなセリフ。うろ覚え)

椅子をガンガンどけながらトラオにスゴむところが超かっこいいネ。

2つ目。

焼肉バトルに乗り込んできて、トラオを探すところ。

「おいこら、片岡!出て来んか!」(みたいなセリフ)

男らしい!!

しびれましたよ。

この男らしいキャラをもう少し生かして映画にしてくれたらよかったかも。

頼りなげなタツジがクライマックスでちょっと男らしく変身。

でも最後はまたいつもの可愛い頼りなげなタツジに戻って終わりみたいな。(←お約束?)

男らしくやるシーンがあればバトルがもっと盛り上がったのでは?

タツジの包丁準備シーンは相当カッコよかったですから。

「プルコギ」は映画館で6回鑑賞。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月15日 (日)

「世界はときどき美しい」(2)

「スナフキン・リバティ」はお気に入りです。

早くまた見たいな。

自然な感じの龍平さんの表情が良いから。

ここのところ、「悪夢探偵」「長州ファイブ」「ハゲタカ」と、

龍平さんの笑顔が見られない、

シリアスな内容の作品が多かったから。

「永遠の別れじゃないんだから」の笑顔にはとても癒されました。

うちにも帰ってきてほしいですよ、柊一さん。

優しい気持ちが伝わってきました。

あなたの心をつかまえたい、と思いましたよ、柊一さん。

龍平さんはバイク乗りですが、普通自動車免許はまだ取得していないのでしょうか。

「スナフキン・リバティ」では助手席に乗ったから。

   

話は変わって、「世界はときどき美しい」の第1話に登場するのが、松田美由紀さんです。

若くて美しかった。

タバコのシーンはあまり好きじゃないけど。(この映画やたらタバコシーンが多い。)

美由紀さんの作品は見ないという龍平さんの気持ちはわかるような気がします。

やたらセクシーな役なんかやっているのを見ると複雑なんだそうです。

子どもの気持ちとしてはとっても分かる。

この作品も美由紀さんヌードモデルだから、龍平くんは複雑だったに違いない。

でも、私ももはや美由紀さんを一女優としてより、龍平さんのお母さんとして見てしまう気持ちが強くて、

だから、ちょっぴり複雑でしたよ。

そして、そのタバコのシーンではその手に指先に目が行ってしまいました。

龍平さんにそっくりなんだもん。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年4月11日 (水)

「世界はときどき美しい」

基本的にオムニバス作品は苦手です。

どう鑑賞していいか、マスターできないうちに、次に進行してしまうこと多々あり。

落ち着かない。

この作品も全体としては苦手な部類。

ですが、松田龍平さん、そしてお母様の松田美由紀さんが出演なさるとなれば、鑑賞にもそれなりに気合が入ります。

映画は何気ない日常を切り取った5つの小品からなり、テーマはタイトル通り。

日常の中で気づきにくい、でも、誰もが知っている情景や感情が美しい映像とともに描かれています。

それぞれの物語にキーワードとなるものが散りばめられており、

それにハッとするか、「なーんだ」と思うかは、まさに見る側しだい。

さて、肝心の龍平さんが登場するのは4話目「スナフキン リバティ」です。

直訳するとスナフキンの自由でしょうか。

この作品で私の琴線に触れたのは、宇宙に生物が存在しなければ、宇宙を認識するものがいない、それはとってもつまらないことだ、というような件り。

天文台に勤める主人公・柊一(松田龍平)に教授(あがた森魚)が投げかける言葉です。

この瞬間、確かに私の意識は星々のかなたへジャンプしました。

映画では、恋人のおなかに宿った小さな命にとまどっていた柊一の心に確かに届いたようです。

もう一度、いや二・三度は見たい作品です。

龍平さんが家で待つ人のいる(結婚はしていない)、天文台職員を演じています。

これまでにない役柄で、見ていてとても新鮮でした。

きっと龍平さんも演じていて新鮮だったに違いない。

それがスクリーンに閉じ込められていて、不思議な温かい気持ちになります。

私も柊一のような、とらえどころのない、そしてやさしい人には惹かれてしまうでしょう。

http://www.sekaihatokidoki.com/

| | コメント (1) | トラックバック (2)