« 「宮本武蔵伝 時代は変わる」が製作中止 | トップページ | 「宮本武蔵伝 時代は変わる」延期へ »

2007年9月27日 (木)

松田龍平が初TVドキュメンタリー

9月24日(月・祝)21:00~22:54

TBS系列

「古代文明ミステリー

 幻のアンデス黄金帝国

 インカに眠る12の謎!!」 で

松田龍平さんはインカ黄金帝国の謎を求めて旅をしました。

この番組のタイトルは長くて、

「恋愛寫眞」のあのセリフくらいに憶えられません。

 

(※「恋愛寫眞」の静流のセリフは

 悪者でバカもの。

 悪者でバカもので、にぶにぶで乱暴もので、

 だらしなくて、Hで足臭くて…)

 

さて番組に話を戻します。

急ぎ足だったので、番組放送中は?だらけでした。

そこで基本的なことはwiki等で調べてみました。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%AB%E5%B8%9D%E5%9B%BD

インカ文明とか言ったりしますが、

インカ帝国は13世紀から16世紀まで。あらっ、案外短いです。

そしてそんな古い話でもないし。

(日本はというと、鎌倉・室町のころ?)

 

短い間にすごい勢いで版図を広げたインカ。

そのインカ帝国が最大だったのは16世紀で

日本の5倍ほどだったらしいです。

(それには理由があって…という謎解きがこの番組の主旨の1つ。)

 

スペインに侵略されるまで続きましたが、

(スペイン人がインカを征したのが1532年)

その文明技術はたしかに高かったようです。

たとえば龍平さんも感心していた堅牢な石組み。

あの太陽神殿の上の教会(スペイン製)は一度大地震で崩壊したらしい。

けれど下の石組み(インカ製)はびくともしなかったとか。

ちなみに、龍平さんが

「ぼく一度だけスペインに行ったことあるんですけど」

と語っていましたが、

あれはきっとCM「TOYOTA ist」の撮影のときです。

CMの舞台はスペインでしたから。

その年の「愛知博」ではスペイン館で

龍平さんのスペイン紹介ナレーションが流れていたとか。

 

もう1つ高かったのは金やその合金などの優れた精錬技術。

これは番組中でも丁寧に紹介されていました。

 

松田龍平さんは相変わらず飄々とした存在で、

ペルー・アンデスをさすらっていました。

意外にも動物との交流シーン(?)にみどころがあって

チョケキラウに到達してもリャマ絵に反応したりしてました。

そしてとても人間に興味があるんですね。

そこで暮らしていた過去のインカ人に思いをはせていました。

|

« 「宮本武蔵伝 時代は変わる」が製作中止 | トップページ | 「宮本武蔵伝 時代は変わる」延期へ »

松田龍平さんへファンレター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/387297/8126937

この記事へのトラックバック一覧です: 松田龍平が初TVドキュメンタリー:

« 「宮本武蔵伝 時代は変わる」が製作中止 | トップページ | 「宮本武蔵伝 時代は変わる」延期へ »