« 桜といえば「ギミーヘブン」? | トップページ | 共演者を探せ! »

2007年4月11日 (水)

「世界はときどき美しい」

基本的にオムニバス作品は苦手です。

どう鑑賞していいか、マスターできないうちに、次に進行してしまうこと多々あり。

落ち着かない。

この作品も全体としては苦手な部類。

ですが、松田龍平さん、そしてお母様の松田美由紀さんが出演なさるとなれば、鑑賞にもそれなりに気合が入ります。

映画は何気ない日常を切り取った5つの小品からなり、テーマはタイトル通り。

日常の中で気づきにくい、でも、誰もが知っている情景や感情が美しい映像とともに描かれています。

それぞれの物語にキーワードとなるものが散りばめられており、

それにハッとするか、「なーんだ」と思うかは、まさに見る側しだい。

さて、肝心の龍平さんが登場するのは4話目「スナフキン リバティ」です。

直訳するとスナフキンの自由でしょうか。

この作品で私の琴線に触れたのは、宇宙に生物が存在しなければ、宇宙を認識するものがいない、それはとってもつまらないことだ、というような件り。

天文台に勤める主人公・柊一(松田龍平)に教授(あがた森魚)が投げかける言葉です。

この瞬間、確かに私の意識は星々のかなたへジャンプしました。

映画では、恋人のおなかに宿った小さな命にとまどっていた柊一の心に確かに届いたようです。

もう一度、いや二・三度は見たい作品です。

龍平さんが家で待つ人のいる(結婚はしていない)、天文台職員を演じています。

これまでにない役柄で、見ていてとても新鮮でした。

きっと龍平さんも演じていて新鮮だったに違いない。

それがスクリーンに閉じ込められていて、不思議な温かい気持ちになります。

私も柊一のような、とらえどころのない、そしてやさしい人には惹かれてしまうでしょう。

http://www.sekaihatokidoki.com/

|

« 桜といえば「ギミーヘブン」? | トップページ | 共演者を探せ! »

松田龍平さん出演作」カテゴリの記事

コメント

僕は18歳の受験生で、少しコメント書かせていただいて「小論文」対策(?)させてもらいます。
 龍平氏のファンといえるかどうかよくわからないけれど、今やっているTVドラマは家でいつも家族が見ています。そういう環境で気になる存在です。何にかって…彼の持つ不思議な感覚、しゃべらない(しゃべれない?)ところ、それと多分そんなに幸せな子供時代を過ごしてないな、と感じることですね。先日も次兄と妹さんで喧嘩事件あったみたいですね、僕の母が驚いていた。母は社会学の大学教師やっていて、「そんな喧嘩で110番119番だかに電話することということは、よほど小さい頃から暴力が家庭内に蔓延していたんだろう」と。とても悲しがっていました。あの時の母親美由紀氏のコメントに「ごまかしもいい加減にせい!」と怒っていました。「世間体と家族とどっちが大事なんだ!」と。美由紀氏は「世間体重視」でしょう?だって夫の優作氏はDVで有名だったし(なぜか知っている僕)。
 龍平氏は随分勉強が嫌いだったみたいですね。実は「気分転換」と称して、母に無理やり「世界はときどき美しい」の大阪十三での初日に見に行きました。(監督からキムチもらっちゃった)。天文台に勤務する役でしょ。白衣きている姿は「頭の悪い人に白衣着せたみたい」でした。僕の母も父も研究者ですが、龍平氏の「あほみたいな姿」は母にはかなりショックだったみたい。「やはり知的な役ができない…勉強嫌いがたたったなぁ」と。
 僕の大学の志望は宇宙工学なんだけれど、天文台に勤めるなんてエリートなんですよ。御法川監督はその辺の表現にはこだわらなかったのかな?物理も数学も完璧にできないといけないのに、龍平氏はきっと高校でもまともに勉強しなかったみたいだから、どうしても研究者の雰囲気が出せない。すごく残念。教員も演じられないかな。表面的には演じられても、深いところが演じられない。
 僕の両親は成績のことは少しは言うけど、受験に失敗した時も「ははは…」だった。勉強は「学ぶ行為を学ぶ事」という考え方だから、好きな本を読むだけでも十分なんだ、あとでそれが突破口になるんだって。僕も多分いまの成績だと浪人だけど、志望は変えない。「学ぶ行為」は変更を許さない厳しさがある。龍平氏はそれを今から身につけられるのかな。母はそればかり心配している。「僕の心配は?」と聴きたいくらい。
 僕の父は龍平氏を見るなり「知性が全く感じられない。アホ面やないか。こいつの父親の松田優作はものすごい勉強家だった。知識の幅も深さもすごかったし(同時代の人間ですから)、学ぶ姿勢が半端じゃなかった。けれど、嫁さん(松田美由紀氏)がどうも駄目みたいだな…」と言っていた。それを聴いて僕は家庭の雰囲気のもつ一種の恐ろしささえ感じた。
 母は「長州ファイブ」のDVDを買うのだを張り切っている。龍平氏は確か日本工学の基礎を作った学者役ですよね。さて…両親の評価は?
僕も少し楽しみ。
 でも役者って大変ですよね。演技を深く見れば見るほど、自分の成育環境までもが演技の背景として出るもの。だから役者さんて勉強家が多いですよね。納得する部分がある。
 龍平氏を持ち上げる女性ファンが多いみたいだけれど、本当に龍平氏を立派な役者さんになってもらうためにはどう応援すべきかが母の今のテーマのようです。「19歳のモデルの子とデートしてるくらいなら本読めよ~」と嘆いてました。23歳でうちの姉(20歳)より下の19歳の女の子とデートか…それくらいがちょうどいいのかな…僕には信じられないけど。芸能人はそれでいいのかな。だってあのモデルさん大学生やりながらで中途半端ですよね、表情に迫力ないもん(ネットでみてしまった…)。
 母は本当に自分を癒すために龍平氏の「影の部分」を見つめているようです。人間関係に巻き込まれて、全国紙に載るような事件で苦しんだ被害者だから。でも、やはり「熱烈なファン」かな。なんたってユニクロのポスターを手に入れようとユニクロ本社にやくざまがいの電話かけたくらいですから。おもろいですよ、中年女性のファンって。あの熱意は何なんだ??
「長州ファイブ」見たら(合格してたら)また感想書きます。

投稿: 啓(ひらく) | 2008年2月14日 (木) 21時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/387297/6057190

この記事へのトラックバック一覧です: 「世界はときどき美しい」:

» 「世界はときどき美しい」日々は一瞬の連続、美しかったりそうで... [soramove]
「世界はときどき美しい」★★★ 松田龍平、市川実日子、松田美由紀、柄本明主演 御法川修監督、2004年 5つの短編 それぞれの物語につながりはないが どこかに自分が今も、もしくは かつて感じた「何か」を見つけるかもしれない。 肉体の衰えを感じ始めたヌー...... [続きを読む]

受信: 2007年4月25日 (水) 21時09分

» 電子交差点 [映画「世界はときどき美しい」 公式Blog]
映画 『世界はときどき美しい』 の監督・御法川修と、映画女優デビューを飾った片山瞳の交換ブログ。 ネット上で見つけた映画の感想を紹介させていただきました。 [続きを読む]

受信: 2007年4月30日 (月) 13時07分

« 桜といえば「ギミーヘブン」? | トップページ | 共演者を探せ! »